美術教育講座の話題復興支援とんかちプロジェクトトンカチ⇒きもち鏡餅プロジェクト作品、テクニック等公開講座未分類ギャラリー趣味のページ金沢から授業や研修会
岡山大学教育学部:美術教育講座:木工芸研究室です
2017.10.03 Tue

9/2~9/30の毎土曜×5回で4折りたたみガーデンテーブルを制作して頂きました。
昨年、技術科の木工演習の課題です。昔からある折りたたみ椅子の構造をそのまま大きくした訳ですが、作ってみるとけっこう便利なテーブルでした。


s-テーブル  s-折りたたみ
  s-IMG_1139.jpg


①9/2:初日はプリント、図面で内容、制作手順を理解して頂き、早速木取り作業


Ws-三面図  20171003120131-0003.jpg 
s-IMG_5557.jpg s-IMG_5559.jpg


荒挽きできたら、手押しかんな盤で基準面削り、→厚削り→横挽き盤で寸法合わせ
だいたい材料がそろって来たので、サンプルと図面をよく見ながら、スケールモデルも作ります。
s-IMG_5561.jpg  s-IMG_5560.jpg


② 9/9:スケールモデルの完成、部材と折りたたみの機構を確認して、部材の加工
 

・脚のパーツを順次、罫引き。

 特にホゾの部材が2つあるので、まずはそこから加工しましょう。
  

      └ 角のみ盤、、丸鋸で肩を切って→ホゾ取り盤
 

・機械を順番で使うので・・・可動部のボルト穴も並行して開けましょうか、
 

・脚先の斜め切り、可動部の半丸、パーツの左右を決めながら、加工していきます。


③ 9/16:ホゾの調整と割りクサビの準備、面取り、カンナがけ
 ・前回のホゾは少し大きく作り、ノミで1つずつ調整しましょう。
      └ついでに、割りを手ノコで入れ、クサビをノミで仕上げておきます。
 

・ルーター、トリマーを使って面取り・・・けっこうこれに時間がかかった(^_^;

・カンナがけ:全体を濡れぞうきんで拭き、表面がざらついたらカンナをかけましょう



④ 9/23:ボルト穴の段ほり、ホゾと脚の組み立て、

 ・脚のボルト組み付け

 ・甲板の木取りと面取り、取り付け位置の罫引き

  └早い方は仮組みをして、ネジ位置を決めてしまいましょう。


⑤ 9/30: 組み付け→オイル仕上げ



s-_DSF4799.jpg  

 s-_DSF4796.jpgs-_DSF4798.jpg 
s-_DSF4810.jpg



s-_DSF4795.jpg 
s-_DSF4801.jpg s-_DSF4794.jpg s-_DSF4811.jpg
  




いよいよオイルとワックスで仕上げ工程です!

オイルのみは:リボスのメルドスハード

ワックスのみは:BRIWAXのウォルナット を使いました





 s-_DSF4803.jpg
s-_DSF4809.jpg


s-_DSF4804.jpg
 s-_DSF4805.jpg


1時間オーバーで、完成!! お疲れ様でした~(^_^)v

s-_DSF4812.jpg
 s-_DSF4814.jpg


受講者の方用に大きなファイルは→こちらからGoogleDriveフォルダー







関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://kazuyama.blog2.fc2.com/tb.php/353-ded750de
Template by まるぼろらいと