FC2ブログ

美術教育講座の話題復興支援とんかちプロジェクトトンカチ⇒きもち鏡餅プロジェクト作品、テクニック等公開講座未分類ギャラリー趣味のページ金沢から授業や研修会
岡山大学教育学部:美術教育講座:木工芸研究室です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.03.31 Fri
今朝、だいたい削って、乾かないように置いといて…
     
夜、仕上げて切り離しました。手前
明日、あのガラス塗料を塗って見ます。
D-way tool様さま、今までとは比べ物にならない、安定、安心、確実な仕事が出来る、スバラシィ!。さらにドイツ🇩🇪で見付けた刃物 http://www.drechslertreff.net/を取り付けたら最強なんじゃないか?と企んでいる。

フッフッフ
そんで、例の"超越化研"ガラス塗料#9024、
x1 タップリ目に染み込ませ、1日乾燥。x2ほどんど染み込みませんが、しばらく置いてキムタオルで拭きあげ、1日乾燥。の状態。

素地を研磨して磨いた所は黄変もほどんど無く、奥艶も出てこれはこれで良いんじゃないか⁈
中矢さんの器や、小林さんのオーバルボックスにも合うんじゃ無いかな?
木材の水分と反応して硬化し、水分の出入りを疎外しない、との説明なので、生木に塗っても大丈夫だし、その後も乾燥し続ける。収縮の固定程は浸透層の強度は無いとの事。僕のテストでは、撥水性は結構、期待出来る。
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://kazuyama.blog2.fc2.com/tb.php/335-297f05bd
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。