FC2ブログ

美術教育講座の話題復興支援とんかちプロジェクトトンカチ⇒きもち鏡餅プロジェクト作品、テクニック等公開講座未分類ギャラリー趣味のページ金沢から授業や研修会
岡山大学教育学部:美術教育講座:木工芸研究室です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.03.16 Thu
この春、さらなる飛躍(^ー^)を願って、ターニング関係の気になる刃物、道具、塗料…あちこち調べたり、投資をしています。
前々から気になっていたRobert Sorbyのホローイングシステム 。Ultima Hollowing System
http://www.robert-sorby.co.uk/woodturning/sovereign-system/sovereign-ultima/sov16s-ults-ultima-hollowing-system

思い切って、OffCorporationで注文。昨日届いて、夜、早速桜の小壷に取り掛かりました。
壺削りは見えない内部をほとんどカンだけで掘り進め、ある程度進んだら、深さ、はば、壁の厚みを測りながら、仕上げて行きます。
この刃物、ボディはシッカリして、3-40cm位奥でも削れます。前から使っている同社のターンマスターも信頼して使える刃物なんですが…
使い始めて、おースゲ~、掘れる掘れる…
ものの数分、グン、グイ!の瞬間…  ⁉︎
刃先が曲がってしまったΣ(゚д゚lll)うっ嘘!
  曲がってる!弱!
どうしようも無いので、クリッパーで挟んで、だましだまし、戻したもののヒビも見える。気を取り直して再開したものの、一瞬でアウト…

刃先を支える部分、3mmも厚みが無い。その真ん中にボルト穴あいてんだから、保つわけ無いだろ。
おまけに素材すごく柔い、ペンチで挟んだところはすぐ傷だらけ、
すぐ替えパーツを探すが、Offには出ていなく、海外サイトで見つける。
この道具の心臓とも言える部分なので、交換と言うより、メインのベースとして$105、おいおい頼むぜ・・
--------/---//////--
その後、見つけたHamletのHollowing tool
    
こっちの方が強度はあ りそうですね
http://www.hamletcrafttools.co.uk/
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://kazuyama.blog2.fc2.com/tb.php/324-bfb02fde
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。