美術教育講座の話題復興支援とんかちプロジェクトトンカチ⇒きもち鏡餅プロジェクト作品、テクニック等公開講座未分類ギャラリー趣味のページ金沢から授業や研修会
岡山大学教育学部:美術教育講座:木工芸研究室です
2016.01.19 Tue
ありがたくもセンター試験の監督から外れたので、先週に続いて大物に着手。
継いで作るので、芯持ちの大きな材が要る...う~ん,残るはイチョウのみか、
s-160117-082239.jpg  s-160117-082233.jpg  s-160117-082258.jpg
私の旋盤で回せるのは30cm強、掴みは26cm
木の方とも相談しながら、サイズを調整して図面にする。
s-160116-150119.jpg  s-160116-145911.jpg
s-160116-175542.jpg  s-160116-175431.jpg
まずはでかい方から・・・、今回は底の掴みを最後まで残しておこう。
s-160116-175426.jpg  s-160116-223813.jpg
今度は首のパーツだけど、継ぎのホゾを慎重に・・・、それといつ口先の掴みを取るか、
s-160116-225822.jpg  s-160116-225828.jpg
s-160117-134213.jpg  s-160117-140108.jpg
よしよし、上手いこと継げたぞ~
s-160117-142632.jpg s-160117-144954.jpg

s-160117-152705.jpg  s-160117-163025.jpg

胴の刻みも入れたので、口先も仕上げて、接着出来る体勢に・・・
s-160117-163036.jpg  s-160117-164108.jpg

イチョウはまず割れないけれど、上下とも節を持つので、木固め剤(プレポリマー)を含浸させて形状固定。
s-160117-173807.jpg
 s-160118-230239.jpg   s-160118-230249.jpg
2日掛けて固定化出来たら、接着面の荒れを挽き直して、コンクリート用エポキシで接着します。このエポキシは唯一、生木でもガッチリ接着出来る。
湿気硬化型のオーシカダインもテストしたことがありますが、全く接着力無く、使えなかった。
s-160117-154526_20160119191652957.jpg  s-160117-170015.jpg
今回、旋盤仕事に加え、螺旋を入れることにしました。
円周を9角に割って、豆反り台で削ります。
s-160119-111230.jpg  s-160119-112120.jpg


関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://kazuyama.blog2.fc2.com/tb.php/283-abee4623
Template by まるぼろらいと