美術教育講座の話題復興支援とんかちプロジェクトトンカチ⇒きもち鏡餅プロジェクト作品、テクニック等公開講座未分類ギャラリー趣味のページ金沢から授業や研修会
岡山大学教育学部:美術教育講座:木工芸研究室です
2015.11.24 Tue

垂直な八角の箱なら(180-45)/2=67.5°で組めるので、スライドソーを22.5°傾斜。
これに[転び]があると途端に角度が分からなくなる。開けば開くほど鈍角になるはず…四方転びの計算や簡単な計算サイト、,無料ソフトは見つかるが、八角は無いな~(ーー;)、簡単なソフトが有れば楽なんだけど…エイ、やるしか無いか。

で、何度か角度を変え、8枚挽いては試しを繰り返して、ナントか形になってきた。(=^ェ^=)
ノコは約5°振って×21.5°?傾斜 →結果、組んだ状態で12°(78°)の転びに修まった。
すごく微妙な合わせなので、合っている内に刻んでおかないと、次合わないぞ~汗、
次はぐるりを回す木目を合わせたい...目の通った長めのマツで試す。良いぞ良いぞ...、とクルミも刻んておこう!。


インスパイア元はこの根来の籠(手提げ盆?)、これを箱に作りたいのだ。


側はたぶんこれでいけるので、さて、どう底と蓋を付けるか、おっと限界!、学校行かなきゃ・・・また今夜の仕事にしよう
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://kazuyama.blog2.fc2.com/tb.php/274-e29942fc
Template by まるぼろらいと