FC2ブログ

美術教育講座の話題復興支援とんかちプロジェクトトンカチ⇒きもち鏡餅プロジェクト作品、テクニック等公開講座未分類ギャラリー趣味のページ金沢から授業や研修会
岡山大学教育学部:美術教育講座:木工芸研究室です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.17 Tue
いつも順番を忘れるので、ほぼ忘備録
前にも記録していた様な…
①棒材が長い内にカンヌキの穴あけ

②掴みの余裕を見て長さ切り

③ネジ切りをするための掴みを先ず削り、足側は根元8φ、先6φに削る。

④頭をチャックで掴んで、6mmのネジ切り




⑤根元の8φを掴んでツマミの整形

おっと ❗️折っちゃった…´д` ;
1本、初めからやり直し


今度は慎重に削る・・・。2本合わすのがなかなかしんどい (*_*) 頑張る!

⑦扉の内側からダブルナットで締め付け、固定するため、カニ目ナットを各2枚で4枚作る。
15φ棒の中心にφ5.3で深穴をあけ、6mmタップ切り。ここまでは旋盤。
ボール盤へ持って行き2mmのカニ目をこれまた深く開け。これを薄くスライスしてナットにする。

片面を旋盤で揃え、コンターで3mm厚程度に薄切り。
いつも厚みが揃わないので、今回は旋盤で削ってやろうと・・・仮止めベースを作った。

これで両面綺麗に削ることが出来る。

⑧ カンヌキは削りだそうかとも思ったけれど、ちょっともったいないかな?と・・・
 φ6×150棒にφ15×15の頭を刺して鑞付け。頭を整形後、カンヌキを5.5mmに仕上げる。
 でも結局、太棒から削った方が早かったね (>_<)

まあ何とかパーツは出来て、サンディング⇒サンドブラスト⇒コンパウンド⇒硫黄着色


上手いこと取り付け出来た…ありがたい

これでほぼ躯体の加工は終わったので、仕上げの漆塗りに移れます。

昨日から塗り始めた。暖かくなるまで塗りの仕事をためていました。この春は下地塗りと、金具付けを前後しながら3体仕上げて行きます。
ロクロ仕事もしたいけど、ほんとに出来るかな?
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://kazuyama.blog2.fc2.com/tb.php/250-ac3a6c4b
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。