美術教育講座の話題復興支援とんかちプロジェクトトンカチ⇒きもち鏡餅プロジェクト作品、テクニック等公開講座未分類ギャラリー趣味のページ金沢から授業や研修会
岡山大学教育学部:美術教育講座:木工芸研究室です
2016.12.09 Fri
皆さん各自テーマを持って制作されて、後期の中頃にもなれば、それぞれ作業が様になって来ました^_^。
井上さんは3作目に入っていますが、今回はスツール。今、ホゾの加工中。
  
田熊さんは、キッチン・ワゴン、大分出来上がって、タオル掛けと甲板を付ければ本体終わります。

どっぷりターニングにはまっている山口さんは、スツールの脚を削り中。いっぱい資料集めて、悩んで、悩んで…なかなかカッコ良い一本目が削れました。さて、ここからの複製が本番
( ^ω^ )
  
二宮さんはウォルナットで折り畳みテーブル。いまは、真鍮で脚を固定する金具を作っています。
スポンサーサイト
2016.12.06 Tue
軸物で刃物になれて、次はガウジを使っての 器づくりです。厚い板が要るので、取り敢えず、深皿まで。現在ガウジの練習中。
   
コレが出来たら、寄せ木のボウルを作ろうと思います。端材を貼り合わせて種木を先週作っておきました。
    
変わって、2年のゼミ生のオオキ君。月末の和紙の明かりコンペへ向けて奮闘中。
間に合うかなぁ…
      
2016.11.29 Tue
根来の中塗りまで来たので、ソロソロ、金具を取り付けます。どの段階で固定するかいつも悩むのだけど….まえはこの辺だったと、思う。

ドリルの刃角を真鍮ビスの皿と合わせて削り、皿取りしてビタッと合えば、ビスを消してしまえます。小さな金具はレール釘で、これもφ2.5ドリルの刃先を釘の皿に合わせる…(`_´)ゞ、直角に打てない所なので…今ひとつだけどネ。
+ビスを使うのが当たり前になって、やる人は余り居ないと思うけど、北欧のちゃんとした家具は今もやってる。きっと日本の昔の職人さん達はみんなやってたと思う。
  
金沢のボロアパートに居た時、汚ったない便所のタオル掛けが、これをやってて…  僕は真鍮のマイナスビスが手に入る限りは、絶対続けようと思った。
これから研ぎ上げていきます、
その後、弁柄漆を塗る。
2016.11.16 Wed
今期、恐ろしいかな、47人一度に工作授業をすると言う無謀な機会、試練?を課されています。そんな状況でもメゲずに、小刀一本!手で考えろ、と言うテーマは固守して、課題を出しています。指導要領では低学年から小刀を身近な道具として使えることを期待されています。
初日は「鉛筆削り」、先週は「カタカタ飛行機」、今日は「竹ペン」です。

割り箸、いろんな種で、幅もイロイロ割ってやった竹の棒材を用意して…  準備にほぼ半日費やされる…
ペン先を工夫して、オノマトペ×5つ、言葉と線・カタチで表現せよ!
        
2016.11.12 Sat
小学校工作の授業で使おうと、先週一生懸命集めたドングリ…
洗って干してたら、片っ端から割れちゃった…
∑(゚Д゚)  、集めて、仕分けて、洗って、ここまで大変だったのに…
2016.11.11 Fri
後期が始まって.あっという間に11月も半ばに…
2年前期は色んな素材に向かってもらいましたが、後期は木工をしっかり、やってもらいます。
そこで課題は"足のある箱"
    
1年の時にペンケースを作っているので、箱の板厚や底、蓋の納まりは理解できているはず。気になる画像を集めて、イメージマッピングとスケッチを繰り返し。個々に話しを聞きながら、箱の姿、板組を煮詰めて来ました。
  
今日はスケールモデルを作って、板組や接合の実際、立体として姿は良いのか?、寸法、蓋の開き、納まりは?を理解、検討してもらっています。
角度"ころび"がややこしい子には、作業の理解も含め、実材で刃物の角度までチェックしておきます。
    
その上で、再度各部材のサイズを出し、合計をケントウ付けて、来週までに私が材料を調達します。今回、クルミ材でどうかな?と、明日、ササキへ行って見るつもり。
2016.10.22 Sat
10時、大原美術館集合。岡大の学生はロハで大原に入れるので、今日は工芸館だけです。なんだけど…教員はなぜかダメで通常の入館料取られます。工芸館だけなんだけどなぁ~
工芸理論の実地研修として、大原工芸館、倉敷民藝館、神戸の竹中大工道具館、吹田の民族博物館、11月にある伝統工芸展を見学させます。
今日は倉敷めぐり、と、庭瀬の"ゆくり"さんで中矢さんの個展が始まるので車で移動。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=629583657211284&id=100004789652574&substory_index=0
また、岡山のルネスホールで国吉祭があり。ウチの学生たちが関わっているし、私も壺を出しているので、そのまま岡山へ
https://www.facebook.com/yasuo.kuniyoshi.pj/videos/682829015210740/
  
      
国吉の複製プロジェクト作品の前に、花をいけるという事で、私の銀杏大壺を使って頂きました、  それよりも、出石に残る江戸時代の山車にビックリ… サムライの落書きが残っていました。
私はこの後、榎本さんの個展も拝見。http://esprit-nouveau.info/
倉敷の民藝モノは何度見ても良い刺激を頂きます。
中矢さんや、榎本さんともお話し出来ましたし、学生達と本当に充実した1日を過ごしました。
  
2016.10.18 Tue
院生、ターニング2時間目。作業が把握できた頃に、YouTubeからターニングモノをいくつか見せて、刃の扱いに注目させます。
65mm角のヒノキで燭台づくり。各人この辺りを参考に、イメージを持って削ります。
  
時々、僕が刃物を変えて当て方を見せるなどアドバイスしながら、それぞれのペースで作業を進めます。
先週からだいたい形が決まって来た川田君は、背が高いのでベースプレートを作っています。。
  

少しガウジの扱いに慣れて来た様です。来週は、コマ作りでも間に挟んで、もう一回刃先の扱いを復習させてから、燭台に取り掛かろうか。いい形になるかな?
Template by まるぼろらいと