美術教育講座の話題復興支援とんかちプロジェクトトンカチ⇒きもち鏡餅プロジェクト作品、テクニック等公開講座未分類ギャラリー趣味のページ金沢から授業や研修会
岡山大学教育学部:美術教育講座:木工芸研究室です
2016.08.06 Sat
毎年、学部のオープンキャンパス翌日、高校生対象のワークショップを行なっています。各自作品を持ち寄り、提出。午後、全員で講評会が行われます。それまでの4時間弱、高校生たちは彫刻、デザイン、工芸のグレープに分かれていわば体験入学。私の所は例年箸作り、5~6種類の木から選んで、カンナで整形し、アルミ線や銅線で象嵌加飾して仕上げます。途中、撮す余裕が無かったので、完成時のカット
この後、講評会が行われています。


スポンサーサイト
2016.07.21 Thu
いよいよ前期も終盤に近づき、今までの作品もちゃんと揃えてよね
ソリッド
真鍮でのクラフト
線材表現
サンドブラスト
そして最終課題は、[流れ]を今までの経験を活かして表して下さい。
  


もう授業時間無いのに、未だ思案中が半分くらい。数人は試作に入りました。
2016.06.16 Thu
鳥課題の次はスプーンです。

2.5mmの真鍮板を切り抜き、サンダーで整形。一度、焼き鈍して後はハンマーで凹みを作ります。
  
2016.06.15 Wed

ああ、この幅で行くと…快感…
カンナの調子がイイ
いい匂いだ
2016.06.09 Thu
雨が続くこの時期、木工家には苦難の時です。
この時期組んだホゾはまず間違いなく冬に緩んでしまいがち。カガミ板や背板(はめモノ)も幅にスキが目立ってしまいます。
逆に冬に板モノをバッチリ組み込むこと、この時期膨張して、カマチのホゾが抜けるほど、張りのストレスがかかります。
そうも言ってられない、今日の蟻組み。

早朝から桟木をシリカゲルに入れてみた。
  
  
そのままの板は13%、3時間シリカゲルに入れて置いた木は9%まで落ちていました。
この木でササっと蟻組みすれば、ガッチリ組めそうです。(・Д・)V
2016.05.31 Tue
オリエント美術館  企画展
今日、院生達と見て来ました。
パンフから思ってた以上のラインナップ❗️
工芸理論を既履修の3・4年、特に今年履修予定の1、2年生には見ておいて欲しい。工芸史の本に大抵出て来る逸品がちゃんと抑えられている。
国立近代美術館のルーチン的展覧会が回って来た消化モノとなめていたら…トンデモナイ本当に失礼しました、m(._.)m
オリエントと島根美術館共同で出した企画が通って実現した自主企画展なんだと‼︎
学生はタダ❗️、無料‼️、なので、必ず見ときなさい(・ω・)ノ
2016.05.12 Thu
2年対象の工芸Ⅱ、鳥課題が走り始めました。
カービングというか、木の塊からバンドソーとサンダーで削り出すソリッド課題と、銅線で立体表現の課題の並行で行っています。
  
  
学生はみんなスマホなので、こっちのイメージや、参考画像を見せるにはpinterestが重宝しています。
http://pin.it/2aKwtDp
2016.05.06 Fri
技術科のアドバンス科目、木工演習です。
彼らにとっては必修ではないので、隔年で開いている2-3年の授業。
  
本当は、各自折りたたみのテーブルを設計させようと思っていたけど、9人にもなったので断念。
定番の折りたたみ椅子をベースに,サイズと天板の形だけ自由度を持たせて,テーブルを制作するることに...。
今はその折りたたみ椅子の構造を,1/5スケールモデルを作って理解する段階。
  

ちゃんと作ったモデルは、形やシルエットのチェックだけじゃなく、強度や安定のチェックと弱点を知ることが出来る。オモチャだと思って良い加減に作るんじゃ無いぞ❗️
Template by まるぼろらいと